スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Last song 歌詞

Ah 少しの間待っててくれないか
Ah どこかで呼ぶ声がするんだ
「いつかは大スター
売れっ子ミュージシャン
そんな夢見るよりは
見ない方がマシだろう
誰か代わりに追っかけてくれ
僕はひとりで無力を抱いているよ」

震えてるソルジャー
そんなきみにも
この雲を割いて
光が射すよう歌ってあげるから
錆び付いた弦を叩きつけ

「いつかは大発明
ノーベル受賞もん
そんなぼろい夢はとうに捨ててきた
隅っこのほうに転がってるから
枯れない程度に水はやってるよ」

俯いたソルジャー
そんなきみには
降らせよう心の
大地に雨を
いつの日か黄金の花を
咲かせて風に揺れるよ

「ひとりじゃ眠れない夜もあるけど
誰かが居ればそれに八つ当たりで

なんて情けない
生きてることが不幸で
こんな僕なんて誰も必要としてないんだ
いっそ消えてしまえよ」

Ah そんなのあたしだって同じさ
Ah 生きていくのは難しいな
Ah だから歌を聴いてほしいんだ
Ah きみにだけ歌う唄だから

でももう行かなくちゃ
長居はできないんだ
約束を残して、ここに来てるから
だから最後の唄になるよ
少しでも力になるといいな

誰もがソルジャー
夢見るソルジャー
空高く吠えろ
自信のなさはそのままでいいんだよ
あたしが信じてあげる ずっと
Ah ようやくふたりきりになれたな
Ah おまえの唄も聴かせてくれ
スポンサーサイト
[ 2012/01/15 09:48 ] 歌詞 Angel Beats! | TB(0) | CM(0)

Storm Song 歌詞

朝の日差し 目が潰れそう
やる気はまだ起きない
それでもね支度しなきゃいけない
誰もがこの渦の中で惑ってる

あの日の丘にいた
ずっとふたりでいると
そんな夢を見ていた
泣いて目覚めた
急ぎ立てられるように
背中を押され走る
その先には 何があるんだ
ただひとり きみにいてほしい

知ってるよ あたしのこと
みんな悪く言ってるんだ
上等じゃない まとめて聞いてやる

生きていくことそれ自体
難しいことじゃない
ただときおり涙が零れる
渦はそれも吸い込んでくれるから

稲光が裂いた
ただ綺麗だと思った
雨に濡れたままできみと見ていた
そんなにの記憶がぼんやりと滲んでいく
きみと寝て きみと笑って
ただすがる それだけの日々

きみとがいい(明日も晴れ)
きみとがいい
きみとがいい
それだけなのに
あなたはだれ(天気予報)
しらないまに
しらないひと
ばかりになった

きみはどこだ(明日は)
きみはどこだ
きみはどこだ(どこへ行こう)
どこにもいないんだね

思い出さえ、
吸い込まれていくんだね

あの日の丘にいた
稲光を見ていた
ふと隣を見ると
きみも消えていた
ああそっか
一瞬で失うからこんなにも
綺麗なんだ 好きだったんだ
この思いも空高く飛ばされていく
[ 2011/11/05 14:28 ] 歌詞 Angel Beats! | TB(0) | CM(0)

Run with Wolves 歌詞

Every night 訪れる痛みをキシキシきしむベッドの上で耐えて
何が間違っていたのか あれもこれもと後悔の念にかられまくる

「今のままじゃダメになるね」と誰が言ったのかもわからなくなる

もうひとりで生きていくしかないと燃えゆく荒野を見つめ
傷を負った狼のようにはyeah! 消えていきたくないまだまだ
それなら倒れた方がマシだから

Friday 訪れる週末 騒然とした部屋も片付かない
少し伸びた爪を噛んでテレビを見てる もうなんでもよくなってくる
アルコールを頭から浴びた これで酔えるならまだラクなのに

もう昔のように笑えないことを悲しいことだと思わない
ただ誰もが選んでいくことなのか こんな苦しいことなのに
それなら逃げた方がマシなのに

ダメになりそう 予言通りだ
よくない想像なんて吐いては捨てろ!

もうひとりで生きていくしかないと燃えゆく荒野を見つめ
傷を負った狼のようにはyeah! 消えていきたくないまだまだ
もうあの日のように笑えないことを悲しいことだと思わない
荒野駆ける狼は今もまだ振り返ることもない
それなら先を急ごう Run with Wolves
[ 2011/11/05 14:27 ] 歌詞 Angel Beats! | TB(0) | CM(0)

Morning Dreamer 歌詞

目覚まし時計がなりたててる
お願いもう少し眠らせて
昨日はGIGでその後飲み会で
もちろんお酒は呑めないんだけど ジュースなんだけど
忙しい日々を真面目に生きる
このあたしめにどうか眠りを
ちゃんと起きたら新曲聴かせてあげる
もちろん弾き語りで ハモリはお願い
手取り足取り教えてあげるよ 心配ない
そういや1弦切れてた 買ってきて お願い!

目覚まし時計を止めてから30分
いい加減起きなきゃいけないけど
真冬のお布団は魔性のアイテム
もう抜け出せなくなってしまったよ 眠り呪い付き
我らが暮らす 現代社会
こんなところに悪魔がいた
くだらないから一笑に付すなんてひどくない?
ここから面白くなるかもしれないじゃない
だから続きと言われてもまだ浮かんでない
とりあえず布団に食べられ布団マンになる
もうそれでいいじゃない

はいはいそろそろ起きますよ お湯を沸かしてよ
眠気覚ましのコーヒーに食べ残したクッキーを
そういや新曲の練習をするんだったっけな
そもそもひとり暮らしで誰と話してたんだろ?
[ 2011/11/05 14:27 ] 歌詞 Angel Beats! | TB(0) | CM(0)

Hot Meal 歌詞

ふらふらなまま家路を辿って
冷たい部屋に転がり込むよ
その端っこで眠りに落ちていこう


華やいだ夕飯を斜に見てきた
お腹がからっぽでも気にしないでいた
きっと先にあたしだけに救えるものが
あるはずと 歌っている
その思いがあたしを強くする 無敵に変える


道にうずくまっている人がいて
話をしたらあたしと似てて
その後はふたりでギグになって
暗闇に叫び続けた
こんなこともあるんだ やめたりしない


爽快に平穏を奪ってしまえ
一時間も眠れば大丈夫だから
陽がのぼるまでここはライブステージ
その手には缶コーヒー
マイクにしてみんなで歌ってる
あたしも刻む


迷った時にはまたこの場所へ戻ってくればいいよ
あたしはいつでも歌ってるからとび先も分からずに


さあさおかえりきみはもう大丈夫


暖かな夕飯が迎えてくれる
そういうこと気づかずに生きてきたんでしょ?
お腹いっぱい食べたらもう忘れたらいいよ


いつだって叫んでいた真っ黒なうるさいカラスなど
ずっと鳴いてる  カーカー鳴いてる  お腹も空かして
[ 2011/11/05 14:25 ] 歌詞 Angel Beats! | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。