スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

細菌汚染 歌詞

「アタシらで決めたんだ」「アイツは無視するんだって」
「アイツに関わった奴はまとめてツブしちゃえばいいよね?w」


ターゲットはアタシだ 誰か噂してたんだ
「アイツってムカツカね?(笑)」 なんかそんな単純なワケで


細菌汚染にかかって
キミは逃れられないや
最近ココロも病んで
痛い いたイ いタい いたい 痛い



「タスケテ」って思っても
味方なんてダレもいないんだ
「クルシイ」って思っても
逃げ場なんてドコにもないんだ


誰もかも蔑んだ
アタシをどうしてやりたいの・・・?
ココロがコワレルんだ
アタシはどこへと消えるの・・・?


誰かを道ずれにして
誰かに移してやって
早く楽になりたいよ


アタシに手を差し伸べて
優しくしてくれた娘へ
「ゴメンね」って謝るから


細菌汚染にかかって
キミはもう信じられないや
最近“ジョーシキ”も病んで
綺麗にもいれないや


細菌汚染拡がって
キミは強くなりたいや
最低生きられたって
イタイ 痛い いたイ いタイ 痛い




細菌汚染も治って
気分はもうよくなった
あの娘に移したので
あハあはアハあはハは


細菌汚染にかかって
傷はもう塞がんないや
最短で飛び降りたって
綺麗にも死ねないや


細菌汚染拡がって
キミらもう誰もいないや
最終的は独りで
いたいい イタイ いタい 痛い いたイ 痛イ 
イたい イタい 痛い いたイ いタい いたい 


痛い
スポンサーサイト
[ 2013/01/10 18:40 ] 歌詞 初音ミク | TB(0) | CM(0)

二息歩行 歌詞

二息歩行
作詞・作曲:DECO*27
唄:初音ミク


「これは僕の進化の過程の1ページ目です。」

抱きしめたいから 2本足で歩く
一人じゃ寂しいから 君と息するよ

「ねえママ、僕好きな人が出来たんだ。」
"おめでとう"

会いたいよ
ねえ君は今頃誰の乳を吸って生きてるの?
言葉はもう覚えたかな?

「パパ、ママ、ニーナ...」
"よく出来ました。今すぐ行くね。"
あれ?おかしいな…

君を抱きしめるために浮かせた前足が
何故か君を傷つけ始めるんだ

覚えたての言葉だって 君に突き刺すナイフ   
切り裂く人生(ライフ) 

じゃあアタシがナイフ放つ前のその口を
この口で塞いであげましょう

相対のチュー
キミは今からアタシの息を吸って生きてくの
言葉はもう唾液で錆びついた

ねえ君は今さら僕の息を吸って
「大好き」だなんて言ってみせるけど
それならもういっそ ボンベのように一生
僕が吐く言葉吸って息絶えて
[ 2012/08/14 04:36 ] 歌詞 初音ミク | TB(0) | CM(0)

ネトゲ廃人シュプレヒコール 歌詞

ネットゲーム世界は今日も
隔離 哀れ 蔓延る効率厨、々
リアルの世界は明日も
僕抜きで機能して回る


ネットゲーム世界はずっと
孤立 晒し 貪るレベリング
薄暗い部屋の「ああああ(きみ)」は
閉めきった窓なんてもう覚えてない


ドロップ重視=ドロップアウト人生
文化的ライフ崩壊前提
守れ要塞プライド一切合切
うんこみてぇなスキーム


飽きても次のステージへ


(RMT...tt...RMT...)


人生を堕落に全部極振り
見せしめタブーをルールへ


(mm...MPK...mm...PK)


延久に紛う様な時間を


ネットゲーム世界は今日も
隔離 哀れ 蔓延る効率厨、々
リアルの世界は明日も
僕抜きで機能して回る


ネットゲーム世界はずっと
孤立 晒し 貪るレベリング
薄暗い部屋の「ああああ(きみ)」は
吐き捨てる様に日々を重ねてる


ちょっとした丘陵さえ無い
昨日からDUPEされた今日は
外に怯えてるスレイブ向け
腐り切ったスキーム


飽きても次のステージへ


(RMT...tt...RMT...)


人生を堕落に全部極振り
見せしめタブーをルールへ


(mm...MPK...mm...PK)


延久に紛う様な時間を


ネットゲーム世界は今日も
隔離 哀れ 蔓延る効率厨、々
リアルの世界は明日も
僕抜きで機能して回る


ネットゲーム世界はずっと
孤立 晒し 貪るレベリング
薄暗い部屋の「ああああ(きみ)」は
キーの印字(今きみ)と同期して磨り減ってく


ネットゲーム世界は今日も
隔離 哀れ 蔓延る効率厨、々
リアルの世界は明日も
僕抜きで機能して回る


ネットゲーム世界はずっと
孤立 晒し 貪るレベリング
薄暗い部屋の「ああああ(きみ)」は
無邪気な目ですがってる 嗚呼


ネットゲーム世界は今日も
隔離 哀れ 蔓延る効率厨、々
リアルの世界は明日も
僕抜きで機能して回る


増えていくのは形無い
数字 ナルシズム それに気づけないで
薄暗い部屋の「ああああ(きみ)」は
ギルド1番の誇り高き戦士
[ 2012/08/13 23:27 ] 歌詞 初音ミク | TB(0) | CM(0)

モノクロアクト 歌詞

忘れてゆける どんな傷さえ
あきれるほど美しく


眠ったままの 心が痛む
疑問だけが目を覚ます


同じ顔した
愛はいらない
鏡の中の
恋は幻


鮮やかな過去
優しい言葉
そんな夢より
誰か今真実を


下さい


誰もいない こんな世界で
私はなぜ泣いているの?
見上げる空は 遥かな孤独
ただ行き場のない想いの姿


「胸が痛い」


同じ色の中を 泳ぎ続ける意識
意味の無い答えと 知りながら受け入れて
あなたは


幸せ?




過ぎ去りし日 置き去りの嘘
疑問だらけの 顔を見た
これが真実? これは幻?
差し出される手が 私を壊す


「胸が痛い」



愛されたい 愛してみたい
私はどちらを望んだ?
傷ついている 傷つけている
そのどちらも生きること


一人きりの 夜は明けない
けど確かなこと
私は今も 探している


「胸が痛い」
[ 2012/08/13 23:08 ] 歌詞 初音ミク | TB(0) | CM(0)

カゲロウデイズ

8月15日の午後12時半くらいのこと
天気が良い
病気になりそうなほど眩しい日差しの中
することも無いから君と 駄弁 (だべ)っていた


「でもまぁ夏は嫌いかな」猫を撫でながら
君はふてぶてしくつぶやいた


あぁ、逃げ出した猫の後を追いかけて
飛び込んでしまったのは赤に変わった信号機


バッと通ったトラックが君を轢きずって鳴き叫ぶ
血飛沫の色、君の香りと混ざり合ってむせ返った
嘘みたいな 陽炎 (かげろう)が「嘘じゃないぞ」って 嗤 (わら)ってる
夏の水色、かき回すような蝉の 音 (ね)に全て 眩 (くら)んだ


目を覚ました時計の針が鳴り響くベッドで
今は何時?


8月14日の午前12時過ぎ位を指す
やけに 煩 (うるさ)い蝉の声覚えていた


でもさぁ、少し不思議だな。
同じ公園で昨日見た夢を思い出した
「もう今日は帰ろうか」道に抜けた時
周りの人は皆上を見上げ口を開けていた


落下してきた鉄柱が君を貫いて突き刺さる
劈 (つんざ)く悲鳴と風鈴の音が木々の隙間で空廻り
ワザとらしい陽炎が「夢じゃないぞ」って嗤ってる
眩む視界に君の横顔、笑っているような気がした


何度世界が眩んでも陽炎が嗤って奪い去る。
繰り返して何十年。もうとっくに気が付いていたろ。


こんなよくある話なら結末はきっと1つだけ。
繰り返した夏の日の向こう。


バッと押しのけ飛び込んだ、瞬間トラックにぶち当たる
血飛沫の色、君の瞳と軋む体に乱反射して
文句ありげな陽炎に「ざまぁみろよ」って笑ったら


実によく在る夏の日のこと。
そんな何かがここで終わった。


目を覚ました8月14日のベッドの上
少女はただ
「またダメだったよ」と一人猫を抱きかかえてた
[ 2012/08/13 23:01 ] 歌詞 初音ミク | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。