Hot Meal 歌詞

ふらふらなまま家路を辿って
冷たい部屋に転がり込むよ
その端っこで眠りに落ちていこう


華やいだ夕飯を斜に見てきた
お腹がからっぽでも気にしないでいた
きっと先にあたしだけに救えるものが
あるはずと 歌っている
その思いがあたしを強くする 無敵に変える


道にうずくまっている人がいて
話をしたらあたしと似てて
その後はふたりでギグになって
暗闇に叫び続けた
こんなこともあるんだ やめたりしない


爽快に平穏を奪ってしまえ
一時間も眠れば大丈夫だから
陽がのぼるまでここはライブステージ
その手には缶コーヒー
マイクにしてみんなで歌ってる
あたしも刻む


迷った時にはまたこの場所へ戻ってくればいいよ
あたしはいつでも歌ってるからとび先も分からずに


さあさおかえりきみはもう大丈夫


暖かな夕飯が迎えてくれる
そういうこと気づかずに生きてきたんでしょ?
お腹いっぱい食べたらもう忘れたらいいよ


いつだって叫んでいた真っ黒なうるさいカラスなど
ずっと鳴いてる  カーカー鳴いてる  お腹も空かして
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/11/05 14:25 ] 歌詞 Angel Beats! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://touhyo.blog55.fc2.com/tb.php/282-7a904d75