スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミク「おかえりなさいっ、マスター♪」

1 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:01:23.88 ID:ME/fdsJ20 [1/47]
??「ただいま、ミク。今日も疲れたよ……………」

ミク「ちょうど、夜勤の仕事で疲れたマスターが帰ってくるまでに、一緒に食べる朝飯の支度をしていたところなんですよっ♪
   あたしとマスターは、2年前に出会ってからずっと一緒の、熱々の同棲カップルですからねっ♪
   やだ、あたしったら、自分で何言っちゃってんだろっ♪」

??「説明的なセリフありがとう。
   ミクが朝飯の支度をしてくれていたおかげで、職場でマズい弁当を買い食いせずに済んで助かったよ。」

ミク「今日はどちらにします?
   下仁田ネギ?越津ネギ?
   それとも……………深・谷・ネ・ギ?(はぁと」

??「全部ネギ!?
   ネギはいいから、普通の、あったかいごはんが食べたいなぁ………」

ミク「ネギはいい、ですって………?(ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」

??「……………わぁー、お、おなかがへったから、ネギダク丼が食べたいなぁ………」

ミク「よかったー♪やっぱりネギを食べたかったんですねっ、マスター♪
   それじゃ、ネギダク丼を作りますから、ちょっと待っててくださいねー♪」

??(ふうっ………間一髪だった………ネギはニガテだけど、ここはひとまず我慢しよう………)


4 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:02:44.62 ID:ME/fdsJ20
「マスター」と、ミクに呼ばれているオレは、24歳フリーター。
2年前、ニートヒキコモリだったせいで家に居づらいが為に、父に土下座して70万借りて上京してきたら、ひょんなことから、同時期に上京してきたボーカロイドの初音ミクと知り合い、今はこうして、南関東の狭いアパートの一室で、ミクと二人で同棲中だ。
共働きでも、お互いとても乏しい収入で、日々のさまざまな出費に心が折れそうになる事もあるけれど、それでも、ミクと二人、それなりに楽しくやっている。



ミク「はいっ、ネギダク丼ですよ♪」

「ありがt………
   ミクー!これ、ネギダク丼というか、ネギしか見えないー!なんでこんなに、こんもりとネギが積まれているのー!?」

ミク「このネギダク丼1個に、1本分のネギが入ってますからねっ♪」

オレ「そんなにネギ使わなくていいよ!10センチくらいで充分だよ!」

ミク「ビタミンをたくさん摂るのに、ネギはもってこいなんですよっ♪」

オレ「そういう問題じゃないからー!」


ただ一点、ミクが、度の過ぎたネギ好きである、という事を除けば………


5 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:07:42.80 ID:ME/fdsJ20
オレ「ふう………ごちそうさま。
   美味しかったよ、ネギダク丼。
   (しばらくは、ネギを見たくないもないや………)」

ミク「ありがとうございますっ♪
   マスター、これから、お休みされるんですか?」

オレ「いや………
   そうだ、ミクには話してなかった。

   今日、うちに友達が遊びに来るんだよ。
   メシは他のところで食べてくるみたいだから、あんまり構う必要はないけど、お茶くらいは出してあげて。」

ミク「わかりましたっ♪」

オレ「ごめんね。なんかいろいろ面倒かけちゃって。」

ミク「いいんですよ、マスター♪気にしないでくださいっ♪」

そういってミクは、キッチンへトコトコと小走りで去っていく………

優しくて、気遣い上手で、面倒見のいいミクを見るたびに、オレは
「ミクと二人で暮らしてて良かった」と、改めて痛感させられるのであった………



ぴんぽーん


6 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:10:11.69 ID:ME/fdsJ20
オレ「お、来たかー」

ガチャッ

律 「じゃーん!わたしだよーん!」

オレ「律っちゃん!!待ってたよー!!」



コイツは、高校の頃の同級生、田井中律。
高校時代は、軽音楽部でドラムをつとめるなど、精力的に活動していたようだが、今は普通に宅配会社で働いている。
女のくせに頑張るもんだ。と言っては、全国7000万の日本人女性に失礼か。コイツは男女(オトコオンナ)だからな。

9 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:13:13.31 ID:ME/fdsJ20
ミク「はいはいー、こんにt………………」

オレ「あ、そういえばミクは、会うの初めてだったな。
   コイツは田井中律。オレの高校の同級生。
   この通り、少しうるさい奴だが、まあ悪い奴ではない。仲良くしてやってくれ。」

律 「うるさいは余計だろ!?
   はじめまして!律です!律っちゃんって呼んでね!」

オレ「それで、この人が、前にも話した、初音ミク。
   オレの…………まぁー、そのぉー、なんというか………彼女だ。」

ミク「は、はじめまして………は、初音ミクと申します………(ぺこりっ」

12 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:18:04.61 ID:ME/fdsJ20
律 「へぇー、そっかぁー。この人がミクちゃんかぁー………
   お前の………彼女……………かぁ……………
   ふーん、そっかぁー……………そっ………かぁ…………

   …………………………………………

   …………………このやろう!
   かわいい嫁さん貰いやがって!幸せにしろよな!」

バシッ! バシッ!

オレ「いでで………
   だから、まだ嫁さんじゃないんだってば………//////////////」

ミク「……………………………」

13 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:22:31.77 ID:ME/fdsJ20
律 「いいなぁー、ミクちゃんの髪。長くて、スラッとしてて、とってもキレイで………
   あたしも髪伸ばそっかなぁー」

オレ「やめとけ。
   ただでさえクセッ毛の髪が、さらにボサボサになるだけだ。
   いっそのこと、ボウズにでもしろよ。」

律 「あっ!ひどーい!
   おまえら、またあたしを男扱いしやがったなー!
   こう見えても、あたしは、高校ん時は、ジャージがクラスいち似合う女子だったんだぞー!?」

オレ「ジャージが似合っちゃダメじゃんかー!?制服とかなら分かるけどよー!!
   ね、ミクもそう思うでしょ!?」

ミク「あ…あはははー………」


14 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:25:01.03 ID:ME/fdsJ20
律 「あ、そろそろ終電の時間だ。帰んないとな。」

オレ「おう、それじゃ駅まで見送るよ。」

律 「いや、それは悪いよ。
   お前にはミクちゃんがいるんだし………」

オレ「あ、それもそうだな。
   悪いな。至らないオレの代わりに気を遣ってもらっちゃって。」

律 「………あたしとしては………駅まで………送って欲しいのは………山々………なんだけどな……………」

オレ「ん?なんか言ったか?聞こえなかったけど………」

律 「な、ななななんでもないぞ!!!!
   じゃあなそろそろ行くから!!!またな!!!お幸せに!!!」

バタンッ!!!

15 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:28:23.16 ID:ME/fdsJ20
オレ「ふぅ………
   来たかと思えば帰っていく………嵐のような奴だ…………
   ん?ミク?どうしたの?」

ミク「……………マスターの友達っていうから、てっきり、男の人だと思ってたのに………」

オレ「え………?
   あ、ああ、事前にちゃんと説明してなくて悪かったよ。
   律っちゃん………バカで元気で、面白い奴だったでしょ?」

ミク「……………そうですね…………………………」

オレ「…………………おい…………ミク………………本当にどうしたんだ…………?
   もしかして……………どこか具合でも悪いのか………………!?」

ミク「……………別に………なんでもないですよ…………………」

オレ「………ミク………………………」

16 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:31:09.17 ID:ME/fdsJ20
ミク「あたし今日は疲れたんで、先に寝させてもらいます。
   晩酌してもいいですけど、片付けは自分でやってくださいね。
   じゃあ、おやすみなさい。」

オレ「おいミク、ちょっと待っ────────────────」



バタンッ



ミク「…………あの女…………………………あの女は………きっと…………」



マスターのことが、すきなんだ。

17 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:32:36.32 ID:ME/fdsJ20
オレ「──────────っていうわけで、また俺んちに遊びに来るなら、明日の8時な。」

律 「おーうっ、わかったっ!じゃあなっ!」

ピッ パタンッ

オレ「………ふう………律っちゃんにはケータイで連絡したし………あとは………ミクに連絡しなくちゃ………
   ……………昨日の今日だし………正直………今はミクと話すの………イヤだな……………」

ぷるるるるっ………
   ぷるるるるっ………

オレ「………くそっ………ミクに連絡しようと思ったのに………
   (カチャッ)はい………もしもし………」

真冬「あたしです!椎名真冬です!」

18 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:38:03.36 ID:ME/fdsJ20
オレ「どうしたの?
   高校時代の同級生で、一緒に生徒会役員をやっていた時の生徒会メンバーで、ネトゲ友達でもあった真冬が、
   いきなり、オレのところに連絡なんて………」

真冬「説明的なセリフありがとうございます!
   センパイ!今すぐ私の家に来てください!」

オレ「え!?今すぐはちょっと………」

真冬「今すぐじゃないとダメなんです!
   あたし、久しぶりに昔のゲームをやりたくなって、ドラクエ7をやってたんですけど………
   リートルードの辺りで、「時のはざ間」の最深部へ行ってから、
   どうすればいいかわからなくなっちゃったんです!詰んじゃったんですよ!

オレ「石版クエストか!?なんて懐かしいゲームを!?
   いいかい?「時のはざ間」の4階まで来たら、12時の所から反時計回りに、ぐるぅん、ぐるぅん、って進むと、ワープポイントが出てくるから、そこで………」

真冬「口で説明されたって分からないですよ!
   あたしずっと待ってますからね!
   ゲーム画面をそのままにして、ムネ×コジの同人読みながら、ずっと待ってますから!それじゃっ!」

プツッ………

19 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:40:03.90 ID:ME/fdsJ20
オレ「参ったなぁ………
   今日は、ウチに律っちゃんも来るって言うのに………
   でも、真冬の言うことに従わないと、悪徳業者にオレの個人情報を売りつけたり、
   オレのホームページに田代砲を撃ったり、また嫌がらせをされるからなぁ………
   仕方ない………今から真冬んちに行くか……………………」



真冬「……………本当は…………
   本当は………ドラクエ7なんか………どうでもいいんですけどね……………」

20 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:42:44.82 ID:ME/fdsJ20
ガチャッ

律 「おっす!また来たy──────
   あれ?今日は、ミクちゃんだけかぁ………」

ミク(ビクゥッ!)
  「あ………律さん………こんにちは………
   失礼ですが………今日は………どうしてココに………?」

律 「あれ………?
   今日遊びに行く、って、アイツには話したんだけど………ひょっとして………アイツから聞いてない?」

ミク「はい………聞いてませんでした………」

律 「そっか…………………………」

ミク「……………………………………………」

21 名前: ◆O2z7c08DAI [>>10 yes] 投稿日:2010/04/17(土) 22:44:59.14 ID:ME/fdsJ20
律 (ど、どうしよう………この女と二人きりだと、とても気まずいなぁ………………
   こんな、無口で、陰気で、なんか暗い雰囲気の女は大嫌いだけど、アイツが来るまで、この場を取り繕わなくては………
   よし!ここは、"女の子特有のアレ"を発動するか……………)

ミク(なんでマスター………あたしに、この女がウチに来るって、話してくれなかったんだろう………
   こんな、いかにも非常識で、ガサツで、粗暴な女は大嫌いだけど、マスターが帰ってくるまで、この場を取り繕わないと………
   よし………ここは………"女の子特有のアレ"を………)

23 名前: ◆O2z7c08DAI [>>10 yes] 投稿日:2010/04/17(土) 22:50:13.00 ID:ME/fdsJ20
律 「ミ、ミクちゃんって、ボーカロイドなんでしょ!?
   す、すごいよなぁー!ホント、歌も上手いし、キレイだし、うらやましいなぁー!
   あたしなんかオンチだからさー!こないだ、高校の時のバンドのメンバーとカラオケ言ったらさー、
   72点なんて出ちゃって、あいつらに笑われたよ!」

ミク「そ、そんなことないですよー!
   あ、あたしも、律さんみたいになりたいですっ!
   あたし、いま、けいおん2期見てますよ!HTT大好き!やっぱり、澪さんや唯さん達も、
   ものすごぉく可愛いですが、メンバーの中だと、律さんが一番大好きなんです!
   律さんって、いつも元気いっぱいで面白くて、しかも、ちゃんとメンバーの皆さんをうまくまとめていて………
   みんなが律さんのこと好きになるの分かるような気がしますよ!
   でも、やっぱり、メンバーの皆さんと一緒にドラムを叩いてる時の律さんが、
   いっっっちばんっ輝いてて、とっっっってもカッコイイですねっ!」

24 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:51:47.57 ID:ME/fdsJ20
律 「い、いやー!あ、あははー!あたしは、好き勝手やってるだけなんだけどなぁー!
   そんなに褒められてしまうと、かえって恐縮してしまうよー!
   あたしも、ミクちゃんの歌、大好きなんだよー!
   メルトとか、ブラックロックシューターとか、毎日聴いてるよ!
   けいおん観てくれてありがとね!あたしなんか、唯や澪と違って、
   二次創作好きのコアな層にしか人気ないしさー!
   部長とは言っても、やっぱり端役なんだよ、あたしは!
   今も、あのメンバーでたまに集まって練習とかするんだけどさー!
   一回、ボーカル抜きで演奏して、アフレコでボーカロイドの声を入れてみようぜ!
   って提案したら、梓に怒られちゃったよー!」


25 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:55:20.90 ID:ME/fdsJ20
ミク「あたしの歌を聴いてくれて、ありがとうございますっ♪
   あたし、律さんみたいな女性を目指すことにしますよ!
   女を磨くなら、今からでも遅くないはずっ♪よぉし、がんばるぞぉー♪」

律 「そんなに褒めてくれるなんて………ありがとぉー!
   ミクちゃんっ…………大好きっ!
   今度、いっしょにカラオケ行こっ!」

ミク「あたしも、律さんのこと、だぁーいすきっ♪
   カラオケいいですねっ♪
ぜったい、ぜったぁーいっ、いっしょに行きましょーねっ♪」

26 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:57:14.48 ID:ME/fdsJ20
律 「ねー、ミクちゃんっ♪」

ミク「ねっ、律さん♪」

二人「「せぇーのっ………
    萌え~萌え~きゅんっ♪」」

律 「あははははははははは!可愛いなぁミクちゃん!」

ミク「あはははははははははははは!律さん、可愛いですっ!」

27 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 22:58:21.30 ID:ME/fdsJ20
律 (ったく………何を言うかと思ったら、歯の浮くような、
   薄ら寒いお世辞ばかり並べ立てやがって………
   アニメだって、どうせ、ニコ動あたりの
   "5分で楽しむ けいおん"みたいな動画で、チラ見しただけなんだろ………
   HTTを語るなら、せめて、原作を10周、アニメを3周して、
   アンソロと、うらおん!まで全て抑えてからにして欲しいなぁ………
   輝いてるだのカッコイイだの、歌しか歌えないくせに、
   さも、あたしについてわかってるような口を利きやがって………
   こんなボーカロイド風情に、あたしや、あたし達の………
   何が………何が分かるってんだ………反吐が出るぜ………
   …………アイツは………どうして………
   こんな奴と付き合ってるんだろう……………)

28 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 23:00:02.16 ID:ME/fdsJ20
ミク(全く………メルトとブラックシューターだけで
   ボーカロイドを語るなんて………完全に、にわかなんだ、この人………
   ボーカロイドを語るなら、せめて、livetune、P∴Rhythmatiq、
   ワンカップP、暴走P、若干P、ずどどんP、40mP、鼻そうめんP、
   デットボールP、小林オニキスの曲を聴いてからにして欲しいなぁ………
   まぁどうせ………この2曲だって………聴いたこともないくせに、
   曲名だけ知ってたから適当に口走っただけなんだろうけど………
   こんな、素人バンドで満足しているような女に、あたしの歌について
   語って欲しくないなぁ………ボーカロイドが汚れる……………
   ………マスターは………どうして………こんな女と仲良くしてるんだろう………)

30 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 23:01:03.43 ID:ME/fdsJ20
律 「あっ、あのさっ、ミクちゃんっ!
   アイツのことなんだけど………」



ガチャッ



オレ「た、ただいま………
   ごめん、ミク……………ちょっと野暮用があったせいで、今日、律っちゃんが来るって連絡してn」

ミク「マスター!」

オレ(ビクゥッ!)
  「なっ、何!?」



ミク「今から、あたしの足を舐めなさい。」

31 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 23:02:47.64 ID:ME/fdsJ20
オレ「は、はい………仰せのままに………………」



律 「!!?」



くちゅっ………………くちゃぁっ………………………

…………ちゅるっ………………じゅるるっ………………………



ミク「あっ、マスター………んっ………くはぁっ………………もっと…………
   もっと足背動脈を………流すような………んんんっ!………感じでっ……………」


32 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 23:04:10.97 ID:ME/fdsJ20
オレ「………仰せのままに………………」



律 「な…………なん…………なんで…………おまえら……………………………」



ミク「マスターは、どんな状況だろうと、あたしが命令すれば、条件反射であたしの足を舐めてしまう、
   いわば、あたしの犬なんですよ。
   たとえ、高校時代の同級生が来客していていようと………ね…………………
   んっ……………マスター……………もっと………………親指つけ根を………
   あんっ………はっ………抉るように………舐めて……………」

33 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 23:07:22.52 ID:ME/fdsJ20
オレ「………りっ………りっひゃん……………
   おにぇがいだ………みにゃいでくりぇ………
  (訳:………律っ………律っちゃん……………
     お願いだ………見ないでくれ………………)」

律 「いっ……………………
   嫌ああああああああああああああ!!!!!!!」

ドダダダダダダダダダダダダダッ!

バタンッ!

34 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 23:08:57.97 ID:ME/fdsJ20
ミク「ふぅ………やっと帰った………………
   泥棒ネコめ………二度と来るな………………………」

オレ「ミ、ミク………どうして…………………………」

ミク「誰が、やめていいと言いました?」

オレ(ビクゥゥゥゥウッ!)
  「すっ、すすすすいませんっ!!!」

ミク「さぁ………舐めなさい。」

オレ「仰せのままに……………」

35 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 23:12:54.26 ID:ME/fdsJ20
ミク「んっ……………くぅっ………んっ…………
   んんうっ……………ううっ!……………
   マスター…………いいです…………
   もっと…………もっと舐め…………て……………………」

律 「ぐすっ……………ひっぐ……………
   ひぃっ……………くぅっ…………
   ひどいよっ……………………
   ひどいよっ……………アイツっ…………………
   こんなの……………こんなのないよっ………………………
   うぇぇぇぇぇぇぇぇえええん!!!!!!!」

36 名前: ◆O2z7c08DAI [>>29 thx] 投稿日:2010/04/17(土) 23:14:14.58 ID:ME/fdsJ20
オレが帰ってくるなり、足を舐める事を強要する、ミク。
そして、それを見て走り去っていった、律っちゃん。



オレには、もう、どうすればいいのかわからなかった。

39 名前: ◆O2z7c08DAI [>>29 thx] 投稿日:2010/04/17(土) 23:18:10.03 ID:ME/fdsJ20
??「あたしが思うに……………
   律さんって人、お義兄ちゃんのことが好きなんだよ、きっと……………」

オレ「!?
   まさか………そんな………律に限って……………
   あいつとはけっこう長い付き合いだが、オレは、一度も、
   そんな感情を抱いたことないぞ……………」

??「それは、お兄ちゃんが勝手にそう思ってるだけでしょ(笑)
   あたし、恋愛とかは疎いけど、女の子だからわかるんだー。
   女の子ってね、本当に好きな人には、それを悟られたくないっ!
   って思って、わざと、サバサバした感じで接したり、
   そっけなくしたりするもんなんだよ。」

オレ「ふぅん………そういうもんなのかなぁ……………」

40 名前: ◆O2z7c08DAI [>>37-38 thx] 投稿日:2010/04/17(土) 23:19:44.07 ID:ME/fdsJ20
??「そういうもんなんだよ。
   とは言っても、あたしは律さんって人と面識はないから、
   その人の本当の気持ちはわからないけど、少なくとも、
   お義兄ちゃんの話を聞く限りでは、そうとしか思えないなぁー………」

オレ「はぁ………そっかぁー………
   まぁ確かに、オレとミクが変なことをしてたとしても、
   泣き叫びながら帰るっていうのは、普通じゃないもんなぁ………

   ありがとな、乃莉っぺ。参考になったよ。」

41 名前: ◆O2z7c08DAI [>>37-38 thx] 投稿日:2010/04/17(土) 23:21:54.17 ID:ME/fdsJ20
乃莉「そ、そそそ、そんなことないよっ!
   たいしたアドバイスが出来なくてごめんねっ!

   ねぇ………お義兄ちゃん……………」

オレ「なんだい、乃莉っぺ?」

乃莉「………好きだよ…………………」

オレ「……………ああ、オレもだ………我が義妹よ……………」

乃莉「………じゃあ、あたし、課題製作に戻るね………
   今日は徹夜で仕上げなくちゃ………おやすみなさい………」

オレ「おやすみ、乃莉っぺ……………無理すんなよ………」

ガチャッ プー プー プー………

42 名前: ◆O2z7c08DAI [>>2 kawaii] 投稿日:2010/04/17(土) 23:23:36.05 ID:ME/fdsJ20
乃莉「兄妹だから好き、とか、そんなんじゃないのにな………
   ………お義兄ちゃんの………ばか……………
   こんなんじゃ………課題製作に………集中できないじゃんか………
   ………winampで、お義兄ちゃんボイス集.mp3でも聴いていようかな……………」

44 名前: ◆O2z7c08DAI [>>2 kawaii] 投稿日:2010/04/17(土) 23:25:01.30 ID:ME/fdsJ20
いまオレが電話してたのは、義妹の、乃莉。

美術高校に通う高校1年生で、高校の近くのアパートに住みながら、
そこの住人の人達と、毎日楽しく生活しているらしい。

勝気だが、どこか危なっかしくて、一人でやっていけるのか
心配になるような女の子だが、いつも電話をする度に、
元気な声を聴けて、とても安心する。
………そんな義妹にアドバイスを乞うなんて……………
……………いよいよオレもヤキが回ってきたか……………

45 名前: ◆O2z7c08DAI [>>43 arigato-] 投稿日:2010/04/17(土) 23:26:39.49 ID:ME/fdsJ20
あれから、ミクとはずっと、同じ生活空間を共有しながらも、
必要最低限の会話しか交わしていない。

オレに非があったとはいえ、あんなことをされた後だし、
オレから謝ったり、話を振ったりするつもりは無い。
それは、ミクも同様のようだ。

いつも心の支えになっていた、二人で一緒にいる時間が、
今では、オレにとって最大のストレスとなっている。

46 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 23:28:40.40 ID:ME/fdsJ20
オレ「………ちょっと、ネットカフェ行ってくる………………………」

ミク「ふぅん………いってらっしゃい………………………
   晩飯は、冷蔵庫にコンビニ弁当が入ってますから、適当に。
   それじゃ。」

オレ「………わかった…………それじゃ……………」

家から飛び出すようにして、オレは、駅前のネットカフェ
"スイミー"に逃げ込む。
ミクを遠ざけて、ここで徹夜で読むマンガが、今のオレにとって
唯一の逃げ道なんだ。

47 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 23:30:36.84 ID:ME/fdsJ20
オレ「微笑のテレサ………幻影のミリアかぁ………
   ミクや律っちゃんには、どんな二つ名が似合うのかな………

   ………いかんいかん!現実逃避の為にマンガを読んでいるのに!
   なんで"あのこと"を考えてしまうんだ!」

だが、何をしていても、"あのこと"が頭を離れることはない。

オレ「ああもう!くそぅ!どうすればいいんだよ!!!ちくしょうっ!!!」

店員「あのー………
   他のお客様のご迷惑となりますので、大声はご遠慮ください…………」

オレ「あ、すみません………………………もう帰ります………」

49 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 23:33:21.25 ID:ME/fdsJ20
つい、感情が昂ぶって、叫び声をあげてしまった………………………

もう、オレは、本当に、いっぱいいっぱいだ。

なんなんだ………本当にオレは………一体………なんなんだ………。

………真冬の家で泊まらせてもらおう。
あそこなら、ゲームもいっぱいあるし、真冬が、ゲームやアニメの
話題の話し相手になってくれる………
きっと、ゲームをしていれば、その間は、何もかも忘れられるはずだ……………
さっそくオレは、真冬に電話を掛ける。

50 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 23:34:58.64 ID:ME/fdsJ20
ぷるるるるっ………
   ぷるるるるっ………



オレ「もしもし──────」



真冬「──────今日あたり、
   来ると思ってましたよ………───────」

51 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 23:39:08.63 ID:ME/fdsJ20
ミク「──────今日あたり、
   来ると思ってましたよ………───────」

律 「──────ッ!!!

   ………や、やぁ!久しぶりっ!
   ミクちゃん!今日も可愛いなぁー!
   こないだはごめんねぇ!
   あんなところを見ちゃったからさっ!
   つい、ど、どうしたらいいのかわかんなくなっちゃってさー!

   そっかー!そっかそうだよねー!
   なんてったって、アイツとミクは
   コ・イ・ビ・ト・同・士!
   なんつって!きゃははははははh」

ミク「そういうの、もういいですから。」

52 名前: ◆O2z7c08DAI [love_vocaloid] 投稿日:2010/04/17(土) 23:42:13.70 ID:ME/fdsJ20
律 「…………ちっ………わかってたんなら、
   最初から言えや………

   お前らさ、二人であんなことばっかしてんの?
   どうかしてるよマジで。
   他人がやることだから、知ったこっちゃねぇけどさ。
   あたしが口出しすんのもどうかと思ってたわけだけど。
   いちおー、アイツには、昔から色々とお世話になってっからよ。
   また、てめーに変なことされてんじゃねぇかなと、
   ちと心配になってな。
   ちょっくら、テメーに"アイサツ"をしに、あがらせて
   もらいましたっていうわけさ。」

ミク「ぷっ………」

律 「なっ………何がおかしいんだよテメー!」

53 名前: ◆O2z7c08DAI [実は初VIP投稿] 投稿日:2010/04/17(土) 23:44:32.32 ID:ME/fdsJ20
ミク「あたしがいるから、マスターに自分の想いを伝えられない………
   だから、あたしに八つ当たりですか!!!
   ぷぷぷぷぷ!!!
   "アイサツ"って、つまり、暴力を振るうってことですよね!!!
   あははははは!!!
   DQNって、ネットでしか見たことなかったけど、
   やっぱり単細胞なんですね!!!
   もうちょっと頭を使いましょうよ!!!
   あ、脳みそも筋肉だからダメなのか!!!
   あはははははははははははは!!!」

55 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 23:46:30.72 ID:ME/fdsJ20
律 「てんめぇぇぇぇぇぇぇええ!!!
   人が黙ってればチョーシこきやがって!!!
   見てろよ!おめーのその骨みてぇな身体によぉ、
   ガチであたしのケリを入れzz」

ミク「ちょっと黙ってください。」

律 「あ”あ”んっ!?」

ミク「あなたがいま、会うべきなのは、あたしでは無いでしょう?」

律 「…………………………」

57 名前: ◆O2z7c08DAI [>>56 warota] 投稿日:2010/04/17(土) 23:49:51.22 ID:ME/fdsJ20
ミク「最近、マスターは、夜になると、いつも家を出て、どこかへ行ってしまう。

   最初は、あなたと会ってるんじゃないか?
   って可能性も考えましたが、その考えは即座に捨てました。

   マスターが、すぐに、あなたに謝りに行ける様な人間だったら、
   あたしは今頃、マスターと一緒にヴァージン・ロードを歩いてますよ。
   あなたも、マスターの事をよく知ってるから、それはわかりますよね?」

律 「………………………………………………………」

58 名前: ◆O2z7c08DAI [疲れた] 投稿日:2010/04/17(土) 23:52:11.85 ID:ME/fdsJ20
ミク「あなたは今、こうやって、あたし、もしくは、
   あたしとマスターがいる所に出くわしてしまう事まで
   覚悟の上で、マスターに会いに、あたしたちの家まで来た。
   ………………謝りに、なのか、告白をしに、なのか………
   そこまでは、あたしには推し量ることはできませんが………………

   ………悔しいけど、その勇気を認める事にします。
   "アイサツ"がどうこうっていうのは、マスターがいなかったから、
   苦し紛れに言ったんですよね?」

律 「ちっ、ちげぇよ!あたしは、本気でテメーを………」

ミク「暴力を振るえる人間が、そんなに手や膝を
   ガクガク震えさせるわけがありませんから。」

律 「ッ────────────────!!?」

59 名前: ◆O2z7c08DAI [明日は仕事か…] 投稿日:2010/04/17(土) 23:54:42.94 ID:ME/fdsJ20
ミク「マスターは今、椎名真冬という女の家に、泊まりに行ってます。
   マスターの脳内に内臓してあるICチップと、あたしに内臓されている
   GPS探知機能で、マスターの居場所くらいは特定できますから。」

律 「お前………ちょっと怖ェエな……………」

ミク「いいから早く、行ってあげてください。
   あなたの本当の気持ち………伝えたいんでしょう………?」

60 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 23:57:06.03 ID:ME/fdsJ20
律 「お前ホント………いい奴だな………」

ミク「? そうですか?」

律 「いい奴っていうか………なんか変だよ………
   アイツと付き合って、同居までしてんのにさ………
   あたしを応援したり………
   アイツが女の家に泊まりに行っても平然としていたり………
   ホントお前………どうかしてるよ………」

ミク「? わからないんですか?」

律 「は?」

ミク「あたしは、マスターのことを、信じてるんです。」

律 「……………………………???」

61 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 23:59:15.10 ID:ME/fdsJ20 [47/47]
ミク「例えば、例えばですよ?あくまで例え話ですからね?
   けいおんが今以上の社会現象になって、映画化もされて、
   月9のドラマにもなって、日本のメインカルチャーの最先端。
   10人いれば10人が、けいおんを好きだと言う。
   10人いれば10人が、律さんを可愛いと言う。
   今や、日本中を見渡しても、田井中律を知らない人間はいない。
   老若男女、誰もが、律っちゃん可愛い!と叫ぶ。
   まるで、HTTが、今のAKB48になったような、そんな感じです。

62 名前: ◆O2z7c08DAI [samishii] 投稿日:2010/04/18(日) 00:01:17.73 ID:n/QzA3Uk0 [1/24]
一方、ボーカロイド文化は、一時の隆盛はどこへやら、
   完全に廃れてしまって、雲の巣を張ったサブカルチャーの一端。
   一般人はおろか、それなりにネットをしている人に
   "初音ミクを知ってるか?"と聴いても、ほとんどの人が
   "知らない"と答えるか、"ああ………昔は流行ったなぁ………
   今はもう、どうでもいいけど………"と答えるような状況。
   まるで、ボカロが、今のモー娘。になったような、そんな感じです。

   その状況下で、あたしがマスターと付き合ってて、
   律さんがマスターに告白する。
   先ほどの例えを用いれば、道重さゆみと付き合ってる男性が、前田敦子に
   告白されるような状況。さて、律さんが男性だったら、どうしますか?」

63 名前: ◆O2z7c08DAI [atamaitai] 投稿日:2010/04/18(日) 00:03:21.82 ID:n/QzA3Uk0 [2/24]
律 「まぁ当たり前だけど、あたしがその男だったら、
   前田敦子を選ぶな。普通に考えて。」

ミク「そうなりますよね?普通なら。
   だけど、そこでマスターは、道重さゆみ、
   つまり、あたしを選ぶんです。」

律 「!?
   どうしてそうなる…………いや………
   どうしてそう断言できるんだ!?」

ミク「あたしが、マスターを信じてるから。
   そして、マスターが、あたしを信じてるから。」

律 「─────────!!!?」

64 名前: ◆O2z7c08DAI [あと少し] 投稿日:2010/04/18(日) 00:07:03.14 ID:n/QzA3Uk0 [3/24]
ミク「それを踏まえた上で、あたしは、あなたの勇気を
   応援してるんですよ。

   マスターが、あなたや、椎名真冬を選ぶなんて事は、
   絶対、ぜっっったいっに、有り得ません。

   さっさと、マスターの元に行って、想いを告げて、
   玉砕して来て下さい。」

65 名前: ◆O2z7c08DAI [もうちょい] 投稿日:2010/04/18(日) 00:09:01.06 ID:n/QzA3Uk0 [4/24]
律 「……………………ぷっ………
   くくく……………あはははははははははは!!!

   やっぱお前、変な奴だなっ!!!

   わかったよ!!ありがとな!!!それじゃ行ってくる!!!」



バタンッ

66 名前: ◆O2z7c08DAI [頑張れ] 投稿日:2010/04/18(日) 00:11:06.94 ID:n/QzA3Uk0 [5/24]

ミク「…………まったく………マスターといい………あの人といい………
   本当みんな………バカばっかり……………………」


…………………ポロッ………………ボロボロボロッ……………

67 名前: ◆O2z7c08DAI [sage] 投稿日:2010/04/18(日) 00:12:24.21 ID:n/QzA3Uk0 [6/24]
ミク「………違う………本当にバカなのは………あたしだ……………………
   …………なんで………なんで………あんな事しちゃったんだろう…………………
   ………マスターが出かける前に、マスターを引き止めていれば……………?
   ………あの人に………マスターの居所を教えなければ……………?
   ……………違う………………違う違う違う違う違うっ!!!!!!
   ぜんっぶ違うぅぅぅうっ!!!!!!!!」



………タッ………ポタッ……………………
ポタポタポタッ………………ポタポタポタポタポタッ…………………

68 名前: ◆O2z7c08DAI [腹減った] 投稿日:2010/04/18(日) 00:13:57.26 ID:n/QzA3Uk0 [7/24]
ミク「マスター……………お願い……………
   早く、早く、早く帰ってきて……………
   不安なの………………………あたし………………
   不安で、不安で不安で仕方が無いの…………………
   お願い…………今すぐ………今すぐあたしを………
   あたしを抱きしめて…………………
   何でもしてあげる………マスターが望むなら………
   あんなことや………こんなこと………………
   何でも………………
   何でもしてあげるからぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」


ザァァァァァァァァァァッァッッッッッッッッ!!!!!

69 名前: ◆O2z7c08DAI [腹減った] 投稿日:2010/04/18(日) 00:16:41.58 ID:n/QzA3Uk0 [8/24]
ミク「ねぇっ!!!!!帰ってきてよっ!!!!!!
   早く帰ってきてってばぁっ!!!!!!!!!!
   あたしだけを見て!!!!!!あたしだけに触れて!!!
   あたしだけを感じて!!!!!!
   あたしだけの……………あたしだけの………………
   あたしだけの声を聴いてぇぇぇぇぇぇぇ
   ぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!」


ピシャァァァァァッッ……………………
       ゴロゴロゴロゴロォッ…………………!!!

70 名前: ◆O2z7c08DAI [俺ツマンネ] 投稿日:2010/04/18(日) 00:18:32.71 ID:n/QzA3Uk0 [9/24]
オレ「………………ごめんな…………まさか…………
   真冬と…………こんなことしちゃうなんて……………」

真冬「いいんですよ…………………センパイとなら……………
   ……………………いいんです………あたし…………」

オレ「…………ミクが………彼女がいるのに………
   オレ………サイテーだ……………………」

真冬「ナイショにしておけばいいんじゃないですか?
   きっと、普通にしてればバレないはずですよ(笑)」

オレ「そんなもんかなぁー………まぁ、そういうことでいいか………
   もう何だか………考えるのも、めんどくさいや………」

71 名前: ◆O2z7c08DAI [帰りたい] 投稿日:2010/04/18(日) 00:21:10.33 ID:n/QzA3Uk0 [10/24]
真冬「ふふふっ、センパイ、人間のクズですからねっ♪
   でも、センパイの、そんなとこが好きですっ♪」

オレ「いやぁ………ははは………照れるなぁ………」

真冬「褒めてないですよ(笑)
   たとえ彼女がいようと、あたしならいつだって、
   センパイのこと、慰めてあげますからねっ♪」

オレ「はは、ありがとっ、気持ちだけもらっとくよ(笑)

72 名前: ◆O2z7c08DAI [帰りたい] 投稿日:2010/04/18(日) 00:22:50.65 ID:n/QzA3Uk0 [11/24]
   …………雨に続き、雷まで落ちてくるなんて………
   これじゃあ帰れないよ……………」

真冬「雨は、センパイの彼女の涙、カミナリは、
   センパイの彼女の叫びかもしれませんね(笑)」

オレ「まったく、怖いこと言うなよ、縁起でもない(笑)
   こんな天気じゃ帰れそうにも無いし、当分は、
   ここに居させて貰おうかなー。」

真冬「とか言ってセンパイ、彼女に会いたくないんですよね?」

73 名前: ◆O2z7c08DAI [帰りたい] 投稿日:2010/04/18(日) 00:24:03.05 ID:n/QzA3Uk0 [12/24]
オレ「ぎくっ、なんでわかったんだ?」

真冬「センパイの話を聞いてれば大体わかりますよ。
   彼女と顔を会わせたくない、かといって、
   行くところもないから、あたしのところに来た。
   おおかた、そんなところでしょう?」

オレ「鋭い………いちいち鋭いよ………真冬……………」

真冬「センパイがバカなだけです(笑)
   いいですか?彼女とは、ちゃんと仲直りして下さいね?
   もちろん、今日のこともナイショです。
   あたし、遊びでこういうことするのは別に平気ですけど、
   センパイとちゃんと付き合う気なんて、
   さらさらありませんから。」

オレ「はいはい…………わかりました………………」

ぴんぽーん

74 名前: ◆O2z7c08DAI [もう帰りたい] 投稿日:2010/04/18(日) 00:24:58.37 ID:n/QzA3Uk0 [13/24]
オレ「………誰?」

真冬「わかりませんが…………
   ここはセンパイが出てください。」

オレ「え、なんで?真冬の家なのに!?」

真冬「いいから早く!女の直感です!」

オレ「ったく………なんでオレが………………………」

律 「あたしだ………
   お前に………話がある………………………」

オレ「………律………………………?」

75 名前: ◆O2z7c08DAI [kaeritai] 投稿日:2010/04/18(日) 00:26:14.18 ID:n/QzA3Uk0 [14/24]
律 「ここじゃ話せない。
   すまないけど、1階の喫茶店まで来て欲しい………」

オレ「………わかった…………………………」

真冬「センパイ、がんばってくださいねっ♪」

オレ「真冬………
   今の子、見ただろ?

   オレ、これから、あの子と付き合うかもしれない………」

真冬「うふふっ♪
   センパイ………やっぱり、人間のクズですねっ!大好き!!!」

オレ「参ったなぁ………」

真冬「頑張れ、人間のクズ!!!」

オレ「はは………頑張るよ………それじゃ。」

バタンッ

76 名前: ◆O2z7c08DAI [kaeritee] 投稿日:2010/04/18(日) 00:28:30.57 ID:n/QzA3Uk0 [15/24]



もう少し、自分を信じてみよう。
間違った道だとしても、誰かを傷つけたとしても、
それでも進んでいくのが、答えなんだ。



オレ「待ってろよ………律っちゃん。」




77 名前: ◆O2z7c08DAI [kaeritee] 投稿日:2010/04/18(日) 00:29:43.72 ID:n/QzA3Uk0 [16/24]
いつも窓から走る姿を ずっと眺めてた放課後の教室
思いを伝えたい でも苦しくて 言葉に出来ない 
だから私は歌う

声が続く限りに 君を好きだよって伝えたいの
声は響いてますか? 君の心に届イテイマスカ…?

帰る途中で君に出会った 笑って「じゃあね」
って手を振る君の笑顔が
嬉しくて 少し切なくて 胸が苦しいよ 
壊れそうだよだから

声が聴きたいんだ 君と色んな事を話したいよ
声にならないけど 君の事をずっと大好きだよ

78 名前: ◆O2z7c08DAI [kaeree] 投稿日:2010/04/18(日) 00:30:36.28 ID:n/QzA3Uk0 [17/24]
いつか君と手を繋いで 笑いながら歩きたいよ
季節は流れ移りゆくけど 私の思いは変わらないから…

声が続く限りに 君を好きだよって伝えたいの
声は響いてますか? 君の心に届イテイマスカ…?

声は海を越えて 世界中に響く 奇跡を起こすんだ

声は響いてますか? 私の声よ あなたにも届け…
         (Voice/19's Sound Factory)

80 名前: ◆O2z7c08DAI [kaeree] 投稿日:2010/04/18(日) 00:32:22.28 ID:n/QzA3Uk0 [18/24]

ミク「声は響いてますか…………?
   私の声よ……あなたにも届け……

   声は響いてますか………………………?
   私の声よ………あなたにも届け………

   声は…………響い…………て…………
   ます…………か……………?
   私の声よ………………あなた…………
   にも………届…………け…………」

81 名前: ◆O2z7c08DAI [>>79 arigato-] 投稿日:2010/04/18(日) 00:33:32.28 ID:n/QzA3Uk0 [19/24]
マスター………………
あたしはずっと、待ってます。

ずっと、ずっとずっと、待ってます。

たとえ声が枯れても、歌いながら……………

いいや、もう、歌じゃなくたっていい。
叫び声だっていい。

ここで、こうして………
「あたしがここにいる」って、ずっと伝え続けます。

82 名前: ◆O2z7c08DAI [ka-e-ru-] 投稿日:2010/04/18(日) 00:36:43.82 ID:n/QzA3Uk0 [20/24]



あなたと出会えて、あたしは、ひとりじゃないってわかった。

あなたと出会えて、あたしは、この世に生を受けた意味を知った。




だから、これからも。



あたしが、ひとりきりじゃないって、信じさせて欲しいんだ。

これからも。これからも、ずっと。




83 名前: ◆O2z7c08DAI [oshimai] 投稿日:2010/04/18(日) 00:38:20.67 ID:n/QzA3Uk0 [21/24]
マスター、明日はどちらにします?
下仁田ネギ?越津ネギ?それとも……………深・谷・ネ・ギ?



マスターが、いつ帰ってきてもいいように、
美味しいネギダク丼を作って、待ってますからね。





                        -Fin-
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/07/02 20:25 ] SS けいおん | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://touhyo.blog55.fc2.com/tb.php/394-699ca8b3







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。