紅蓮の弓矢 歌詞

ザイネ    ダスェッセン  ウン  ヴィーズィンディ  イェーガー
Sie sind das Essen und Wie sind die Jäger.
(サエガセンセアビジベイェーガー)
ふ       はな  なまえ   し
踏まれた花の名前も知らずに
ち    お     とり  かぜ  ま
地に堕ちた鳥は風を待ちわびる

いの           なに  か
祈ったところで何も変わらない
いま  か         たたか かくご
今を変えるのは 戦う 覚悟だ

しかばね  ふ   こ
 屍   踏み越えて
すす   いし
進む 意思を
わら  ぶた
嗤う 豚よ
かちく    あんねい   きょぎ  はんえい
家畜の安寧   虚偽の繁栄
し     がろう  じゆう
死せる餓狼の自由を

とら    くつじょく   はんげき  こうし
囚われた屈辱は 反撃の嚆矢だ
じょうへき     かなた
城壁のその彼方
えもの   ほふ
獲物を屠る

イェーガー
Jäger(イェーガー)
ほとばし   しょうどう
 迸 る 衝動に
     み   や
その身を灼きながら
たそがれ   ひ  うが
黄昏に緋を穿つ
ぐれん   ゆみや
紅蓮の弓矢

や  つが  お           やつ  に
矢を番え追いかける 奴は逃がさない
や   はな  お   つ       けっ     に
矢を放ち追い詰める 決して逃がさない
げんかい     ひ   しぼ     き        つる
 限界まで引き絞る はち切れそうな弦
やつ  いきた           なんど    はな
奴が息絶えるまで 何度でも放つ

えもの   ころ       どうぐ     ぎじゅつ
獲物を殺すのは道具でも技術でもない
と    す          まえじしん   さつい
研ぎ澄まされたお前自身の殺意だ

ヴィーズィンディ イェーガー  ほのお あつ
Wir sind die Jaeger   炎のように灼く
ああ  ヴィーズィンディ イェーガー  こおり        ひ
嗚呼 Wir sind die Jaeger   氷のように冷ややかに
(ヴィーズィン) ディ イェーガー おのれ や
(Wir sind) die Jaeger   己を矢にこめて
ああ  ヴィーズィンディ イェーガー  すべ   つらぬ
嗚呼 Wir sind die Jaeger  全てを貫いていけ


なに    か                    なに      す
何かを変えることができるのは 何かを棄てることができるもの
なにひと せお              なに    かな
何一 つリスクなど背負わないままで 何かが叶うなど

あんぐ   そうてい  ただ   げんえい
暗愚の想定  唯の 幻影
いま  むぼう   ゆうき
今は無謀な勇気も

じゆう   せんぺい  か     こうせい
自由の 尖兵  賭けの攻勢
はし  どれい   しょうり
奔る奴隷に勝利を

か          ふじょうり     しんげき  こうし
課せられた不条理は 進撃の嚆矢だ
うば          ちへい    せかい  のぞ       エレン
奪われたその地平に 世界を臨む《あの日の少年》-Ellen(エレン)‐
          しょうどう そ    み おか 
とめどなき 衝動に 其の身を侵されながら
よいやみ し はこ   めいふ ゆみや 
宵闇に紫を運ぶ 冥府の弓矢
関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/12/15 23:02 ] 歌詞 etc | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://touhyo.blog55.fc2.com/tb.php/475-ef88c37b